EMS高ーい(T△T)

ビエンチャン

今日は郵便局行って小包を日本に送りました☆

ちょっと急ぎの荷物だったのでEMSにしたものの、5000円かかってしまったー!

いや、重量もそこそこあったんですけどね・・・3Kg・・・。

 

買いためてたものなんかが結構あって・・・。

あと、紙類・・・。あれは重い・・・。

(旅すると様々な紙、溜まりますよね!捨てられないのー!ごめんなさーい!)

こんなに高いなら急ぎのモノ以外はタイまで頑張って持ってったらヨカッタo(TヘTo)

タイのが安かったなぁ・・・。(調べたら955バーツだって。3000円しないね!)

国に寄って違いがあるので、周辺回られる方は荷物を送るときにはご注意ください^^

誤差の範囲って気もするが☆

 

ちなみに、2011.04.22現在の表ではラオス→日本で1Kg:315000キップ、1.5Kg:370000キップ、2Kg:425000キップ・・・

1Kgまでは細かく設定されててそれ以降は500g刻み。55000キップずつ増えてます。

 

ビエンチャンの郵便局はタラートサオ(モーニングマーケット)の前にあります。

こんなカンジ。

ラオス郵便局入口

 

行きはタクシー(乗用車タイプ!久しぶりに見た!!)にて移動。

「Post Office」が通じないので地図見せたり(英語表記だからあんまし伝わらない)、タラートサオだ!って言ってみたり。

途中何回か停車されつつ27000キップで到着。

たぶんボッタくる為の時間稼ぎではナイと思う・・・。思いたい・・・。

 

 

帰りはながしのトゥクトゥク。

一人10000キップだって。一人頭なの?まぁいいや。値切るコトなくすんなり乗車。

 

ラオスでは郵便配達制度が無いらしいです。(2009年のネット情報だから今もかはわからない・・・^^;)

だから運転手さんわかんなかったのかな???

 

ちなみに、手紙のやり取りは私書箱(のようなモノ)にてするんだよーって書いてました☆

あと、買い出しのツイでとかで人づてに・・・とかだって!なんかイイな!

まぁ、現在はケータイがあるから手紙は減ってるんでしょうけどね。。。

 

郵便局の中はこんな感じ。

ラオス郵便局内部

 

お昼時に行ってしまって、窓口に人がいないのが目立ちました。(常時かもしらんが。)

窓口の中でお昼ごはんすすってる人もいたし、基本的に東南アジア人はシャッキリ☆動く人もいないですね^^

余談ですが、次に向かうタイのチェンマイへの長距離バスを手配できるかな?とHISに入ったらシャッキリ☆した日本人対応を久々に受けてものすごーーーく恐縮しました。扱ってなかったんですけどね。いやぁ、日本人の接客って、スゴイよね^^;

 

「コレを日本におくりたいんだー。(英語)」と話しかけると「あっちだ。」って感じで身振りで言われます。

行ってみるとこんな感じ。

ラオスEMS受付

入って左端手前がEMSカウンターです。

 

おねいさん(ちょっと年配☆)が箱詰めしてくれました(*´∇`*)

おねいさんが箱詰め☆

 

さすがに英語で対応してくれるので安心♪

片言ですが・・・お互い様だしね・・・。

むしろ意思疎通が出来た時のお互いの笑顔ったらないですよ!英語圏の人にはわからんだろう!やーい。(くやしまぎれ)

 

 

あ、EMS使用時の注意ですが、泊まってるホテルの住所、持っていきましょうね。

パスポートはいまんところいらない。(補償はできませんが☆)

 

 

あ、3日で着くそうでーす♪

おかあさん、毎度すみません、よろしくおねがいしまーす(*´ェ`*)テヘ

コメント