ipad×google mapアプリ=グッバイ迷子!

どうも。よしたけです。

 

嫁のさちこがこのブログを早くリアルタイムに近づけようと頑張って更新している姿を横目に、おいらはリアルタイムとはまったく関係のない、ipadネタを書きたいと思いますヘ( ̄ー ̄)ノ

 

さて、ギリシャで購入したipadですが、こいつは本当に便利!

 

なにが便利って、旅行者にとってなくてはならないもの!

やはり地図!!

 

バスや鉄道から降り立ち、新しい街に着いたとき、「さて・・・。宿はどっちだ?」

となりますね。

 

そこから、人に聞いたり、タクシーに乗ったり、観光案内所があればそこで聞いたり、地図をもらったり、地球の歩き方を持っていれば、磁石片手に、宿を探すわけですが、どうにも方向音痴なお気楽夫婦。

 

かなりの高確率で迷います。

 

でも最近は、迷わなくなりました。

 

なぜならipadがあるから~~~~♪♪v(⌒o⌒)v♪♪

 

と、前置きが長くなりました。

 

ipadには、最初からgoogleマップのアプリが入っています。

 

googleマップ?ただの地図じゃん?

 

と思ったあなた。アマイ!

 

これが便利な理由は、ipadのGPS機能と連動して、いま自分がいる場所を地図上にリアルタイムに表示してくれるからです!
(↓↓↓↓青い丸が現在地を表しています
↓↓↓)

 

リアルタイムに現在地を知ることができるので、目的地とは違う方向に進んでいたら一目瞭然!
 

拡大縮小も自由自在。細かい路地でもきちんと表示してくれます。

 

この機能のおかげでお気楽夫婦は、新しい街に着いたときにも、迷わなくなりました!

 

グッバイ迷子!です。

 

ただ、この機能を使いこなすにはちょっとコツがいります。

 

日本ならどこでも3Gでネットにつながるからいいですが、海外旅行の場合、初めて降りたったその場所でWIFIが使えるとは限りません。
てかほぼ使えません。
 

インターネット環境がないと、地図を表示できないのが、このipad×googleマップの弱点です。

 

ですが、新しい街に移動する前に、ネット環境のある場所で、目的地周辺の地図をあらかじめ読み込ませておけば、ばっちし現在地と地図を表示してくれます。

 

初めて着いた町で右も左も分からず、途方に暮れながら、人に聞きつつ、やっとの思いで安宿街にたどり着く。

 

そんな旅もそれはそれでいい経験になっていいですが、ipad×GoogleMapを活用した迷子知らずの旅も、またいいんじゃないでしょうか?

コメント

  1. アヤ より:

    すご~い!しかもちゃんとカタカナ表記されてるのがありがたいですね~!
    未だに英字新聞なんかは包装紙にしか見えませんからねぇ(´ω`)

    • よしたけ より:

      アヤさん~!

      コメントありがとうございます!

      ほんとにカタカナ表記は助かる。。。
      イタリアで使ったときは、なぜかイタリア語表記から戻せず苦労しました^^;

      せっかく買った重たい英語の勉強用の本も、いまやマウスパッドと化しております・・・。

      かっこよく英字新聞をカフェで読みたいものですねえ^^