デリー観光①

首都、デリー☆

さちこのおなかの調子も戻って、ようやくの観光でございます。

 

この日は『クトゥブ・ミーナール』とオールドデリー周辺の名所、『レッド・フォート』『ジャマー・マスジット』へ行ってきました♪

 

まずは、『Qutb Minar クトゥブ・ミーナール』です。

チョット市街地からは離れているため、行くかどうか少し迷いましたが、やっぱりこの塔を観なくては!

ジャーン!石で出来た塔です!

minaretto

高さはなんと72.5m!周りに高い建物が無いので遠くからでも確認できます^^

遠くからのクトゥブ・ミーナール

 

コーランを図案化した彫刻が施されております。

ミナレットの彫刻

 

周りには、やはり石で造られた遺跡。

どう見ても石を積み上げてるだけ・・・。

地震大国から来た日本人からすると、怖い・・・。

石が積んであるだけ?

 

塔と同じような壁発見。

壊れたあーち

崩れているけど、すばらしい。

彫刻もステキです。やっぱり崩れてるけど^^;

アーチの彫刻

 

 

途中休憩できる所があったので座っていたら、『日本人との撮影会』が始まってしまい、30人くらいに囲まれ順番に一緒に写真を撮られました^^;

 

子供たちはかわいいけれど、おじさんは方とか組んでくるし、握手のまま撮影したりするし、イヤだなぁ・・・。

最初はよしたけも一緒に撮影されていたけど、どうやら皆さんのお目当てはさちこだったらしく、いつの間にかターゲットはさちこ一人に絞られていました!

色白(結構日焼けしたんだけど・・・)の女性が珍しいらしい。

他のとこではやっぱり欧米人女性が同じ目にあっていた^^

 

 

こちらはよく見かけるレモンウォーターの屋台。

レモンウォーター

鮮やかな手さばきでちゃっちゃか商品を提供します。

 

あ、ついでにチケット。

チケット

手で隠れてしまったが、250ルピー。(2倍くらいで円換算してね☆)

このチケット、どこに行っても同じモノを使いまわしています^^

危うく「一枚で全部観れるのか??」と興奮しましたが、一回使い切り。

各名所にて買い直しです☆

 

 

お次はオールドデリー周辺に移動しまして、一番観たかった『Red Fort レッド・フォート』です!

正式名称は『Lal Qila ラール・キラー』と言うそうですが、レッド・フォートのがカッコイイ気がするからなんとなくコッチで呼んじゃう^^

どーん。

レッドフォート

 

チケット売り場。

インド人と外国人は分かれています。(料金が違うからね!)

チケット売り場

これ、落ちてたインド人のチケット。10ルピーだーーーよ~。( ´_ゝ`)

インド人のチケット

斜めから見たレッド・フォート!正面よりかっこいい!!

レッドフォート横から

 

荷物検査・ボディチェックを終えて、入るとマズはお土産屋さんが並ぶ。

お土産屋さんが並ぶ

そこを抜けると、だだっ広い広場。

正面に見えるのは謁見の間。

だだっぴろい。

こんな感じの王座があります。

謁見の間

壁は無く、柱のみ。昔も熱かったろうて・・・。

謁見の間の柱

 

「あれ、250ルピー払ってこれだけ?」と不安になりましたが、大丈夫!その後ろにはさらに広大な敷地が広がっているのだー。

インド人が芝生で憩っているのだー。

みんなお昼寝

リスが芝生や木の枝をちょろちょろ走っててカワイイ!でも、狂犬病が怖いから絶対手を出しちゃダメ!!

 

ところどころに小さな宮殿みたいな建て物があります。正に点在。

しかし暑い。歩くと結構な距離なので、本来ならいいお散歩コースなのにキッチリ苦行状態。

小さな建物いっぱい

 

 

このレッド・フォートは、各代理店が出してる日本語ガイド付きのデリー観光のスケジュールでは外観を眺めるだけ、になっていた。

それが無かったらガイドも欲しいし、いちいちメトロやリキシャーでの移動がメンドイから高くても申し込もうと思っていたんだけど・・・・。

仕方がないから自力で観光することを選んだが、結果、「代理店のコースが正しい」ということに。

さすが旅行代理店、ツボをしっっっかり押さえてるよね・・・。

 

お次は『Jamma Masjit ジャマー・マスジット』

イスラム寺院です。

 

ジャマー・マスジットは市街地のど真ん中にあります。

市街地ってもオールドデリー。

「映画のセットの中にいるみたーい。」と声をあげたくなります。

オールドデリー

オールドデリー

写真じゃナカナカ伝えられないなぁ。

クラクションの音・インド人の早口の怒声(たぶん普通に喋ってるだけ)・埃っぽさがあってこそ、インドの風景なのかな・・・。

 

こちらはジャマー・マスジットの入り口。

ジャマー・マスジットの入り口

辿りつくと「今礼拝中だから10分待ってて」とのこと。

 

 

待っている間に見てた子供たちのクリケット(?)の練習風景。

クリケット?

タイからこっち、クリケットの試合中継を流すテレビによく出くわす。

人気競技なのかな・・・?

 

 

インド人の10分は1時間だとどっかのサイトで見たことがあるます。

マサカこの『10分』も6倍になるのか?!と恐々としましたが、スピーカーから流れるコーランも10分ほどで終わり、無事に入場^^

 

美しい・・・。逆光ですみません。行く時間考えてなかったです・・・。

ジャマー・マスジット

手前にある人が集まっている所は身を清めるための池。

こんなん。

身を清める所

あと、足を洗う蛇口もありました。

足洗う蛇口

 

こちらはジャマー・マスジットの裏側。屋根がかわいい^^

ジャマー・マスジットの裏側

 

 

後はさちこのワガママで紅茶屋さんまで足を伸ばしました。

『Aap Ki Pasand アプ・キ・パサンド』へ。

紅茶やさん。

こちらはインドNo.1の紅茶屋さんだそうです^^

『歩き方』に載ってた。

 

ゆっくり商品を見るってわけではなく、カウンターのおねいさんに「こんなの欲しい」といって出してもらう形式。

気になったら試飲ができるよ!

渋いおじさんが淹れてくれた全く渋くない後味スッキリ☆のダージリン♪

ダージリンの試し飲み♪

家族にお土産をたんまり買いました^^

(でも、頑張ってお店に行かなくても各空港で買えるらしい☆)

 

紅茶屋さんに行く途中、馬が走ってた。

 

車道を結構なスピードで走ってたなぁ・・・。

パカラッパカラッ♪と軽快なリズムでした(o´ω`o)

ウマー。

オートリキシャーのドライバーが頑張って追いぬいてくれました。

お馬さん、ビックリしたかなぁ?ごめんよ。。。

 

この日はこんなもんですね、ハイ。

 

 

以下に情報をのっけときまーす。

 

『Qutb Minar クトゥブ・ミーナール』

メトロ Line2 (黄色)の同名駅にて下車。

そっからリキシャー(50ルピーが相場らしい・・・観光客の。)

無休

日の出から日没まで入れるらしい。(アバウトだね!)

 

『Lal Qila ラール・キラー』 (『Red Fort レッド・フォート』)

メトロ Line2 (黄色)Chandni Chowk チャンドニー・チョウク下車

そっから歩けなくもないけど、入ったらマタ歩くことになるので、リキシャー使用がベター。50ルピー取られた。

月曜日休み。

こちらも日の出から日没まで。

 

『Jamma Masjit ジャマー・マスジット』

レッド・フォートからも、メトロの駅からも大した距離はない。が、やはりリキシャー移動をおススメします。100ルピー取られた。くそぅ。

無休。

開いてる時間→8:00~12:15、13:45~16:30、17:15~18:45 となっているが、ここはインド。

私達が行った時はこの時間に当てはまっていたのにお祈りの為10分待たされた。

イスラム寺院では女性は顔以外隠すモノと心得よ。

肩・ひざが出ていたら派手な柄の上着を強制貸出。暑いコトこの上ない。

 

『Aap Ki Pasand アプ・キ・パサンド』

住所:Sterling House,15 Netaji Subhash Mg.,Darya Ganj

電話:23260373

日曜・祝日休み

9:30~18:00

 

みなさん、良いインド観光を!

コメント