さよなら、タイランド!

首都、バンコク☆

あぁ、疲れた・・・。

今、インド初ごはん食べてホテルに帰ってきました。夜の10時でございます。

 

 

まずは移動のことからですかね、うん。

エアインディアのフライトが不確定なままとりあえず私達は朝5時までに

空港のカウンターに辿りついておこうと深夜3時半にチェックアウト。

タクシーをホテルの人に拾ってもらいましたが、この運転手はメーターを使う事を拒否。

400バーツでした。

(ちなみに、さちこの姉を空港まで送っていくときにはメーター使ってくれるタクシーでした。

190バーツくらい。チップこみで200渡したけど。)

まぁ、深夜だったし、仕方ないかとあっさり承諾。

 

ほいで、空港に着いたのが4時くらいでしたね。(早い!運転怖かったよぅ!)

空港のエアインディアのカウンターは『W』。

いっちばん隅っこ。の、いっちばん奥。(扱い悪ー!)

ただ、着いた時カウンターにはあきらか空港スタッフのにいちゃん一人のみ。

だれもいねー。

あ、あれ?航空会社の方は??と、「エアインディアのカウンターってどこ?」と聞くと

「ここだよー。6時に開くよ~。」

 

6時???メールには5時までにって書いてたのに・・・?と、メールの文面を印刷した紙

(用意周到でしょ☆)を見せると、「あ、じゃぁ、5時に開くよ~。」

 

・・・「これはマズイ!ハナから信用ならんぞ、このにいちゃん!」と、危機感を覚え、

なにかヒントはナイかとタイ航空のカウンターへと向かうふたり。

途中、フライト予定の電光掲示板をみると、エアインディアの便にはキャンセルの文字が無い!

 

ガーン!(古典的表現?)こんなに苦労して早朝に着いたのにやっぱしエアインディアなのかー!?

しかも、エアインディアのフライトは8時半くらい。

どえらい時間を持て余してしまうのかー??と果てしなくエアインディアの中途半端な対応に

呆れながらも、仕方ないのでカウンターが開いてくれるまで待つ日本人ふたり。

(ちなみに『by 5 AM』って、『5時に』って意味?『5時までに』じゃないの??ま、いいけど。)

 

おなか減ったので空港の売店で買った『OISHI』のサンドイッチにパクつく。おいしくないよね。これ。

 

ついでに買ったKIRINの午後の紅茶ストレートティーのあっさりとした甘みに感激。

海外に出るとこんな上モノにはナカナカ巡り合えない。

日本の企業はすごい仕事をさらりとやってのけるなぁ(o´ω`o)

ホントは無糖のコーヒーか紅茶が欲しかったけど、充分さっぱりしました♪

 

 

 

そして、5時になるとどこからともなくエアインディアの方々が登場。

ぴったり5時からだった。

そのころにはチラホラ他の乗客らしき方々もカウンター前に集合。

しかし、乗客は全部で20人にもならない。

少なすぎる。不安。

 

みなさん順調にチェックインしていってらっしゃる。とほほ、やっぱ飛ぶのね。

 

私達の順番が来てeチケットを出すと

「フライトはキャンセルになりました。タイ航空のフライトに振り替えます。

とのこと!

その流れでチェックインまで出来ました☆

ワーイ!前の方々はタイ航空のチケットを貰っていたのね!

心の中じゃ「やったぜぇ!」と飛びあがっていましたが、

エアインディアの方には失礼にあたるので、鼻の穴ふくらまして喜びを押さえてました。

 

 

タイ航空は7時半出発。

空港でのお約束を済ませた後はのんびりウィンドーショッピング。

さよなら!バンコク!タイランド!もうしばらく来ないけど、死ぬまでにもっかいくらい来るよ!!

よしたけはすんごく気にいったみたいだから一回じゃ済まないかもだけど!

 

 

 

タイ航空は機内食も出たしブランケットも貸してくれるしクッションまで置いてあるし、めちゃめちゃラッキー!

機内食

ブランケット

クッション付きだよ。

ふたりで5万円未満のチケット代で10万円くらいの飛行機に乗ってしまった!

エアインディアのパイロット達、グッジョブ!スト頑張れ!

快適な空の旅を堪能してきました~♪

 

 

つづきはインド編にて書いていきます!

コメント