ブダペストで日本食を自炊♪

ブダペスト

ブダペストでゆっくりすることにした私達ですが、外食文化がそんなにないのか、

いわゆる欧米食っぽいものしか見つからなかったので、たいてい自炊をしていました。

 

 

そんな中、かなり助かったのが、日本のお米がリーズナブルに、しかもどこでも買えたこと。

商品名はSUSHI RIZS。

こんなパッケージで、いろんな国のお米を売っています。

かなり訝しんでいたんだけど、しっかり日本のお米でしたヾ(*´∀`*)ノ゙

 

価格は、うろ覚えですが400フォリントとかそんくらいだったと思います。

だから、500gで130円とかそんくらい。

ホントに安かった。

 

横にあるのは、こちらも近所のスーパーで売られていたキッコーマンのTERIYAKIソース。

味はイマイチ。(個人の感想です!)

 

外国人てテリヤキスキだよね。

 

 

ただ、もちろん炊飯器は無いので、鍋でお米を炊く。

計量カップもなかったので、500g入りの袋を半分つかい、2合かな?くらい。。

水もただのグラスでテキトーに計りました。

 

けっこうまともに炊けます。

 

最初に沸騰するまで強火にかけ、そこから弱火で水がなくなるまで。

そこから5分弱火のまんまで、あとはむらす。こんなカンジ。

蓋がガラスのお鍋があって助かりました~(*´ェ`*)

 

 

 

テリヤキソースでチキンを焼いて、日本のお米をいただく。

お茶碗が無いから変な感じですね^^;

 

 

お米があまったらおにぎりー!!!

ロンドンで買った日本茶とともに・・・(o´ω`o)

 

やっぱねぇ、おにぎりって美味しい!!

ただの塩むすびなのに、ぱーくぱくいけちゃう。

これに味のりがあったら最高なんですけどね、さすがにスーパーには無かった。

 

 

 

こちらはパリで姉から受け取ったフリカケ。

吉野家のフリカケなんて珍しいな、と思って通販で買ってみたけど、牛丼は本物に限るな・・・・。

 

 

 

あとはねぇ、ウィーンで買った焼肉のたれがマダあったので、引き続き使用。

(開封後は要冷蔵だろうけど、たかだか3~4時間くらいの道中なら持って歩いて平気でした。)

 

公式ホームページにあったレシピを見て作ってみた『ひき肉となすの炒めもの』

 

作りすぎたのでスパゲッティにからめてみた。ちょっと甘かったです。

 

 

 

 

 

ちなみに、ブダペストには大きいスーパーは存在しないらしい。

そのかわり小さいスーパーがあちこちにある。

これは近所に2個あった内の大きいほうのスーパー。

それでもコンビニ2個分くらいしかなかったです。

 

スーパーでユーロが使えてたけど、お釣りはフォリント。

レートが結構悪かったです。

 

 

 

それにしてもブダペストの物価は安い。

とくに農産物の安さは異常です。

レタスだと思うんですが、79フォリント!

約1/3になるので、27円くらい!!!

 

そのかわり、形も色も悪いし、かなり元気のない状態で販売されています。

ナスなんかもキズだらけ。

 

形のいいのは輸出でもしてるんだろうか・・・?

そういえばハンガリーの産業はなんなんだろう。

 

調べたらワイン、パプリカ(やっぱり!)、ガチョウ等だそうです。

 

 

 

 

スーパーのお肉コーナーでは一度も牛肉を見なかった。

宿の人に聞いたら「牛肉は高価だから。」と返された。

 

だから、売り場には大抵チキン、ポークでした。

 

どちらもあんまり美味しくないです。

とくに鶏挽肉は酷かった・・・。

これ、肉団子作ってみたんですが、スッカスカになった。

まるでダンボール食べてるみたいな食感。

 

こねてる時から手ごたえがおかしかったです。

鶏挽肉は、避けましょう。(´・ω・`)

 

 

 

 

 

これは余談ですが、おやつがあんまり美味しくなかったんだよなぁ・・・・

少々高くてもいいから輸入モノは無いかと探したんですが、下のお菓子のメーカー、cora

が売り場を席巻してました。

わかりますかね~、なぜか右端のクッキーは一回り小さくできてます。

なぜこうなるのか???

ハンガリーは不思議です・・・。

コメント