プーノからラパスへバスで移動。チチカカ湖をボートに乗って渡るバスがシュール!

プーノ

プーノのSol Plaza Hotel(ソルプラザホテル)を後にして、次はラパスを目指します!

バスのチケットは、前日にクスコからプーノへ到着した時に、プーノのバスターミナルで既に購入済みなので、バスの時間に間に合うようにホテルを出ます。
ホテル付近でタクシーを拾って、バスターミナルまで。
タクシーは3.5ソルでした。

昨日、バスターミナルからホテルまでは6ソルだったんだけどな。
反対になると安くなるようです(・ω・)

P1180386 (800x600)

ラパスへ行くバスはこれ!

P1180387 (800x600)

まあ普通な感じ。

P1180388 (600x800)

席はちょい狭いかな?って感じ。

これで、プーノからラパスまで1人30ソル。
だいたい800円くらい。安いっ!

まずは、ボリビアとの国境を目指します!

P1180389 (800x600)

ペルーの風景を眺めながら。

P1180390 (800x600)

コレ乗りたいな~。

P1180392 (800x600)

これはたぶん学校ですね。

P1180395 (800x600)

チチカカ湖のきれいな湖畔の景色を眺めながら、バスに揺られること約3時間ほどでボリビアとの国境に到着です。

P1180413 (800x600)

国境で馬さんや豚さんが放牧されていました。
さちこは豚さんに気に入られたようです。

P1180416 (800x600)

こんな感じの素敵なトイレもあります。(有料)
いくらか忘れましたが、家計簿には、トイレ利用とバナナを買って、2.5ソルだったと書いてあります。

P1180415 (800x600)

奥に見えるのがペルーとボリビアの国境。
入国手続きを終えた後は、こんな感じで歩いてボリビアへ入国します。

ボリビアの国境付近の街『コパカバーナ』でお昼休憩

国境を越えると同じく国境を越えたバスが待っていてくれるので、同じバスに乗り30分程バスで走ると、ボリビアの街「コパカバーナ」へ到着します。
コパカバーナで新しいバスに乗り換えます。
その前に1時間ほどお昼休憩がありました。

荷物をバス会社の事務所で預かってもらい、お昼を食べにレッツゴー。

お昼時でどこのレストランも忙しそうであまり選択肢はなく、適当なお店に入って食べたのがこれ。

P1180425 (800x600)

P1180426 (800x600)

味はあんまり覚えていない。
たぶん普通だったと思われます。

ボートで湖を越える。バスも。

コパカバーナから新しいバスに乗り換え、20分も走らないうちに、バスを降り、ここでボートに乗り換えて、湖を渡ります。

P1180458 (800x600)

ボートはまあこんな感じでふつう。

P1180457 (800x600)

乗ったらこんな感じ。
けっこう狭い。
この状態で10分ほどかけて湖を渡ります。

でも大きなバックパックなどの荷物はバスに乗せたまま。
え?バスはどうすんの?という心配は無用!

バスもボートで湖を渡ります!

P1180455 (800x600)

こんな感じで桟橋を渡り、長細いボートへ乗り込みます。

P1180445 (800x600)

対岸目指して、バスがボートに揺られて行きます。

P1180452 (800x600)

なかなかシュールな光景で面白いです。

橋がないなら、ボートでバスも運んでしまえばいいじゃん!っていうボリビア人のたくましさを感じます。(・_・)

無事に湖を渡ったバスに乗り込み、ラパスを目指します。

走ること3時間ちょっとでラパスの街が見えてきます。

P1180502 (800x600)

ラパスはすり鉢のような形になっている街で、すり鉢の底付近に裕福な人達が住んでいて、丘の方に行くほど、貧乏な人達が住んでいます。

日本だと、お金持ちは丘の上の方に住んでいる人が多いですが、ラパスでは逆のようです。
理由は、ボリビアは国土全体の標高が高く空気が薄いので、できるだけ空気の濃い=標高の低い土地が人気だからだそうです。

P1180509 (800x600)

そんなこんなでラパスのバスターミナルに到着です。
なかなか立派なバスターミナルですね。

計8時間程度の道程でした。
道も比較的きれいでガタガタということもなく、わりかし快適な移動だったと思います。

ここからタクシーで予約してあるホテルへ向かいま~す。

 

コメント