中央郵便局で荷物を送ろう!

ジャイプル

さてさて、インドでお買い物をたくさんしたので、このままだと行商人か!状態。

次の移動の前に荷物をどっさり日本に送ることにしました♪

 

 

こちらはジャイプルの中央郵便局です。

郵便局

荷物多かったので、前回の観光の時に使った車チャーターを使用。

「ミニマム4時間だ!」と言われたのですが、「郵便局行きたいだけなんだよ~。」と困ってみた。

そしたらボスに電話してくれて、郵便局の往復で250ルピーってことで落ち着いた。

1ルピー1.8円だったから450円だね!

(最近贅沢しすぎなんですが、リキシャーに乗って温風を体いっぱいに浴びるとそれだけで体力奪われるんだよ~)

 

こちらは入ってスグの所。

郵便局の履いてすぐのスペース

入って左手スグに梱包のおじさんが待機しています。

 

「これ、お願~い。」と差し出すと、おもむろに白い布を取りだすおじさん。

「ちょっと待って?!それで包むの???段ボールは持ってないの???」

の問いかけに「No~」

 

だってこの中身はさちこがウッキウキ♪で買ったカワイイ布たちなんですよ?!

どーせオマエラ雨が降ってもその辺に荷物放り出しとくような扱いするんでしょ???

せめてコレを!!!!(`;ω;´)と、持ってたビニール袋をかぶせると、

袋をさしだす。

おじさん大きなビニール袋を出してくれた!!!(*´∇`*)

袋くれた!

そして荷物を白い布を袋状にしたものに入れて、口を縫い始めるおじさん。

「いやぁ、鮮やかな手さばきですなぁ!♪」

すいすい塗っていくおじさん

 

袋の角も内っ側に入れて縫いとめて、スッカリコンパクト。

そしてその上に住所を書け!と言わんばかりにペンを差し出すおじさん。(実際口を聞いてくれない。たぶん、英語ダメ。)

ここに書くんだ!

 

住所を書いたらロウ(?)を溶かして縫い目にチョン、チョン、と封をしていく。

封をして完成!

 

あとは、カウンターに持って行きます。

カウンター。早い。

今回は普通の航空便にしました。

よしたけの実家と、さちこの姉宅へ2か所送ったのですが、2000ルピー程度。

(結構重かったんですけどね!ガラスのノブとか入ってたし・・・。石鹸も入ってたし・・・。)

 

こちらはなんかのカウンター。

なんだろー、手紙出すカウンター?

 

結局1時間以上かかってしまった気が・・・^^;

運転手は嫌そうでしたね~。

でも、300ルピー渡して、「おつり取っといて」って言ったら嬉しそうでした。

 

観光の時にも100渡してあげたんだよね。

チップ渡し過ぎかなぁ?

 

 

おまけ☆

車のライトに顔が!

 

顔拡大!

コメント