デリー観光②

首都、デリー☆

さて、デリー観光二日目。

 

この日は前日に買ったクルタという服でお出かけするよしたけ。

クルタのよしたけ

前から撮るの忘れてた・・・。

後ろ姿で失礼します。

まぁ、前から見てもおんなし感じ。真っ白。

町中でおじさんがたまに着てるの見ると、もう少しクッタリしてるかな・・・・。

買ったばっかりで、マダ一度も洗ってないからノリが効いてパリッパリ☆です^^

 

本日はランチからスタート。

マズはチャイ。

チャイ

やっぱり、暑い時に熱いモノ飲むとカラダがシャン☆としますね。あっついけど。

こちらはターリーといういわゆる定食(?)

ターリー

その辺のやっすい店に入ったので、結構質素ですね^^;

 

翌日はもうヴァラナシまで移動してしまうので、本日中にどーしても作りたかった名刺屋さんへ。

半日~一日で作ってくれます。

名刺やさん

こんな所で作ってくれる。

名刺作成作業

しかし、さちこがオーダーしたデザインは雛型が無かったらしく、一回スキャンしてそれをなぞって書きあげてくれました!

漢字のオーダーも、同じ要領で作成してくれるそうですよ☆

(私達は字に自信が無かったので、諦めました・・・。大変そうだし・・・。)

 

時間がかかりそうだったので、観光に出してもらいました。

5時までに戻ってこいだって。思わぬ時間制限ができてしまった・・・・。

名刺作りたい人は時間に余裕を見ておきましょう!

 

お値段は100枚150ルピーと250ルピーでした。(約2倍で円換算してね☆)

 

 

急ぎ足で回ることになったので、取捨選択して、『Humayun's Tomb フマユーン廟』行ってきました~(*´∇`*)

 

チケット売り場です。(え、いらない?)

チケット売り場

見えてきました!ステキー!!

入口あたり

 

門の間から見えるフマユーン廟。

ステキなアングル

美しい・・・。

フマユーン

フマユーン廟の壁です。

フマユーンの壁

土台を登って廟をぐるり。

正方形なんだなぁ・・・。

フマユーンの斜め

中に入ってみましょー。

フマユーン内部

中央部分にはフマユーンさんの棺が。

フマユーン中心部

 

そう、廟と言うのはお墓ですね~。

この中に遺体が安置されているわけではないそうです。

それにしても、完璧な左右対称のそのお姿は美しいの一言!

もっかい見て!

どーん!とフマユーン。

 

かの有名なタージ・マハルもこの廟の影響をうけているそうです。うーん、楽しみ♪

 

 

少し時間にゆとりがあったので、行きたかったスンダル・ナガール・マーケットまで!

こちらは丁度通り道なのでもしよかったら行ってみて!

なんかマーケットって言っても、通りに面した建物が全部お店だってだけ。

なんか雰囲気が他の国と違うんですが、テクテク歩くとこういうアンティークのお店があります。

雑貨屋さん?

さちこのお目当てはこちらー♪

かわいい!!

スミマセン、わかりにくいですね^^;

『とって』です。(あぁ、漢字がわからない・・・)

キッチンの戸棚のとってをこんなんに替えたらかわいかろうて、と思いまして。。。

 

一心不乱に選んでおります。。。(写真取られているの気付かなかった・・・)

一心不乱に選ぶさちこ

 

小さめのんが15ルピー、ちょっと大きめなのが25ルピーでした。

(なーんか適当に言われただけのような気もしますが^^;)

 

結構重いのに、沢山買ってしまった・・・・!

こりゃ、日本へ送る次の便は高くなりそうだ・・・(;´Д`A “`

 

他にちゃあんとアンティーク(?)もあります。

そのほかの商品

 

 

では、以下に情報を残しておきまーす。

 

『Humayun's Tomb フマユーン廟』

メトロ Line3(青色)Pragati Maidenあるいは隣のIndraprasthaからリキシャー。

Pragati Maidenからだと、インド門とかイロイロ寄れる。

Indraprasthaからだと一本道で、こっちの方が近い。

私達は直行したのにナゼかPragati Maidenから・・・。80ルピーだった。

(予定では他にもイロイロ寄ろうと思ってて・・・)

無休

日の出から日没まで入れるそうです。

入場料250ルピー。(どこ行っても同じだー。)

 

スンダル・ナガール・マーケット

Pragati Maidenからフマユーン廟への丁度中間。

ご参考までに・・・。フマユーン廟から乗ったリキシャーには70ルピー取られた・・・。

さらに、マーケットからメトロ駅まで80ルピー。

不思議!帰りは倍になったね!!

コメント