Mac Book Airを買ったの巻

お仕事について

なんかもうiPadを買ったとかMac Book Airを買ったとか、1年半に渡る世界一周旅行中のブログとは思えないほどに、いろいろな高額デジタル買い物をしてますね。

 

いやーでも大変でした。

 

前回の記事でさちこが書いたように、おいらのパソコンがかなりやばい状態でして、これは一刻も早く新しいパソコンを買わないと、仕事できん!!って感じ。

 

でも、ハンガリーのパソコンは、windowsもハンガリー語ってだけではなく、キーボードすらハンガリー仕様。

 

でも、ちょっと調べてみると、ドイツでパソコンを買った人が、ドイツ語仕様のキーボードとインターナショナル仕様のキーボードを選ぶことができた。というブログを見つけた。

 

なるほど!

もしかしたら、キーボードはお店で聞けば、英語仕様とハンガリー語仕様と選べるかもしれん!

 

 

となると、残る問題は、windowsがハンガリー語ってことのみ。

 

とりあえず、ハンガリー語のウィンドウズを買って、初期化して、日本語のウィンドウズを入れるか。
でもなんか不具合とか起きそうで、それもやだなー。

 

かといって、英語ならまだしも、ハンガリー語のパソコンなんて、つかえん。。。

 

 

と、そこで、ちょっと待てよ。。。

 

 

マックって多言語対応じゃなかったっけ?

 

 

そうなんです。

 

日本で売られているウィンドウズっていうのは、実は日本語ウィンドウズってやつで、ほかの例えば、ドイツ語とかフランス語に切り替えることってできないです。
(ちょっとお値段の高いバージョンにすればできるけど、一般的なユーザーが買うバージョンではできない。)

 

でも、マックってやつはすごくて、世界中で売られているマックは実は同じもので、どの国で買っても、マックOSってやつは同じ商品なんですね。

 

つまり、設定をちょちょいと変更すれば、世界各国の言語に切り替えることが可能。

 

今まで使っていたウィンドウズ用のソフトも、マックの中に仮想ウィンドウズ環境を簡単に作ることができて、使えることが可能だそう。

 

 

いやあ、マックすごいっす。

 

そんなわけで、インターナショナル仕様のキーボードのマックパソコンを買う!

 

ってことで、決定!

 

いま泊まっているアパートのすぐ近所にあった、アップルストアへ出かけ、超薄くて軽くてかっこい「Mac Book Air」を買いました。

 

店員さんも、ちゃんと、「ハンガリー語のキーボードがいい?それとも英語キーボード?」ってちゃんと聞いてくれました。

 

在庫があったので、その場で意気揚々とお持ち帰り。

 

そんなわけで、片手にはiPadを持ち、片手には、Mac Book Airを持っている、ITボーイ的な感じの世界一周旅行者となりました。

 

ウィンドウズとかなり使い勝手が違うので、ちょっと最初は大変そうですが、マックのビジュアルがなんかかっこいいので、たぶん慣れれば大丈夫。

 

いやあよかった。よかった。

コメント

  1. シノナガ より:

    ホントによかった!

    • よしたけ より:

      ありがとうございます。しのながさん!

      ほんとによかったですわ。一時は一旦帰国も考えたくらいだったので^^;

      マック万歳です。