パーペチュアル・トラベラー(永遠の旅行者)という生き方

こんにちは。よしたけです。

アテネから6時間くらい電車に乗って、カランバカという町にやってきました。
ここはメテオラという複合世界遺産があるところ。

 

なんですが、ブログとは時間差があり、ブログではいまはトルコのカッパドキアで「ほえ~すげえなあ。」ってなっているところなので、メテオラについてはまた後日・・・。

 

さてさて、先日、妻からのプレッシャーに耐えかね、ようやく重い腰を上げて、久しぶりにこのブログを更新してみたら、書いた記事が人気ブログランキングの記事ランキング(世界一周カテゴリ)で18位に出てきたので、うれしくなり連チャンで更新してみることにした、褒めて伸ばすタイプのよしたけです。

 

前回、書いた記事は「ネットで稼ぎながら世界一周ってなんやねん!」という記事で、やっぱりみんな「世界一周✕お金」の問題には興味があるのかなあ・・・と思った次第。

 

なので、今回もそっち系のお題でいってみます。

 

でも、ちょっと趣向を変えて、今日のお題は「パーペチュアル・トラベラー(永遠の旅行者)という生き方」です。

 

パーペチュアル・トラベラー(Perpetual Traveler)とは、「永遠の旅行者」を意味し、各国で、非居住者とみなされる滞在期間の間だけ滞在し、税金を国家へ合法的に払わない、もしくは納税する税金を最小にするライフスタイルのことである。(出典:wikipedia)

 

日本の住民税って、1年以上日本を出て、海外にいる場合は、非課税です。(半年だったかな?うろ覚え。)

 

僕も1年半の予定で、この世界一周旅行に出てきたので、海外転出届なるものをお役所に出しているので、住民税はかかりませんし、年金や健康保険も支払う必要はありません。(年金と健康保険は任意で支払うことも可能)

所得税は、日本国内で得た所得にのみかかります。
僕の場合は、ネットを通じて日本の市場で商売をして、日本に持っている口座に報酬が振り込まれているので、所得税はかかります。

 

とはいえ、住民税・年金・健康保険を支払わなくていい時点でかなりラクになります。

 

これをもっと本格的&長期的にやっちゃおうっていうのが、「パーペチュアル・トラベラー(永遠の旅行者)」ってやつですね。

 

住民税のかからない期間で、自分が住みたい季節には日本で暮らし、それ以外の期間は海外で暮らす。

ドバイとかシンガポールとか法人税の安い国で会社作って商売をして、余暇にはサントリーニ島で夕日を見ながらのんびりと・・・。

 

いやあ自由っすねえ。

 

 

とはいえ、僕は、いま32歳で、妻は30歳。
子供もほしいので(高齢出産になっちゃうからねっ!)、この世界一周旅行が終わったら、日本に帰って、腰を落ち着けて、日本で暮らしていくと思いますけど、やろうと思えば、こういう生き方も選べるっていうのが、すごい時代になったなあ。と思います。

僕がいま20代前半なら、永遠とは言わないけど、仕事しながら5年くらいは世界をブラブラしたかなあ。と思います。

 

 

ネットで完結できる仕事の可能性を改めて感じた次第です。

 

イラストレーターとか翻訳とかの納品をデジタルでできる商売とか。

アフィリエイトなどの広告収入や有料課金などでマネタイズしたWebメディア事業とか。

スカイプでTV電話も無料でできるので、コンサル的な商売もできるかな~。

 

ほかにもいろいろあると思いますけど、インターネットを使った商売はやっぱりすごいっす。

可能性にあふれてるっす。

 

場所に縛られず。

 

時間にも縛られず。

 

欲を言えば、お金にも縛られないようになれればいいね!^^;

 

 

そんな感じで、一昔前なら、よっぽどのお金持ちしかできなかった「パーペチュアル・トラベラー(永遠の旅行者)」という生き方。

 

いまは、ネットを使った仕事でそこそこ稼げるようになればできる時代になったので、興味のある方はチャレンジしてみてはどうでしょう!

コメント